マナーで築く良き人間関係は、様々な進歩の芽を育てます。

独自の企業風土と人材観を持つ日本コンピューターサイエンスでは、
マナーを最も重視した人材の育成を行っています。

人として、社会人として、良き人間関係を築く上でマナーはとても大切です。また、自分に大きな力を与えてくれます。
マナーは自分を謙虚にし、謙虚な姿勢は発展のスタートになります。

一人ひとりが“周りに愛され、信頼される人間になる”ことこそが、
日本コンピューターサイエンスがめざすものです。

CSCの社員モットー
●会社と共に歩む人であれ
会社とは社員を乗せる船、お客様からの“ありがとう”の声をいただくために。
●礼儀正しい人であれ
礼儀とは他人への思いやり。挨拶、所作、マナーは、良き人間関係をつくるだけでなく自分自身を強くしてくれます。
●忍耐強い人であれ
何事も忍耐なくしては為し得ません。
●謙虚な人であれ
常に謙虚な気持を持たなければ、人に学ぶことはできません。
人間としての成長は止まってしまいます。
●向上心を持つ人であれ
今の自分より少しだけでいいから、明日は良くなろうとする気持が大切です。

東京、大阪、就職、就活、システム開発、IT、PG、SE、プログラマー